敏感肌向けの日焼け止めと美白化粧品

敏感肌向けの日焼け止めと美白化粧品はこう選ぶ!

紫外線は肌荒れやシミの大敵。それは知ってるけど、日焼け止めや美白化粧品でまたヒリヒリ、痛痒くなるのが怖い・・・。敏感肌のせいでなかなか使うものを選べないなんて事、ありませんか?そんな不安を解消する日焼け止めや美白化粧品の選び方を考えてみましょう。

敏感肌にノンケミカルの日焼け止めは優しい?

まず日焼け止めはなぜ、塗るだけで日に焼けないのでしょうか?それは紫外線を肌に到達させないよう、守る成分を塗るからなんです。

紫外線から肌を守る成分には大きく分けて2種類があって、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。紫外線吸収剤は紫外線を吸収し日焼けを防ぐメカニズムですが、紫外線を吸収する時に肌の上で科学反応を起こすため刺激があると言われています。

紫外線吸収剤タイプの日焼け止めは科学反応で成分が変質し、日焼け止め効果を失いやすいのも特徴、塗り替えも頻繁にしなくてはならないとされています。ただ、白浮きせずに着け心地もいいため人気は衰えません。

対して紫外線散乱剤タイプは光をよく反射する金属・酸化チタンやマイカなどを肌が傷つかないようコーティングしたり、角が無く丸くなるよう加工して体につける日焼け止めです。

金属が紫外線を反射させ散らし、肌は焼けずに済むという仕組みですね。汗やお風呂などがなければ落ちないので、塗り直しの頻度が低くて済むのもメリットです。ただ白浮きしてしまいがち、という使い勝手のデメリットがあります。

最近話題になっているノンケミカル日焼け止めというのはこの紫外線散乱剤タイプのことを言います。肌の上で科学(ケミカル)反応を起こさないことからそう呼ばれるんですね。化学反応による肌の負担がないため、敏感肌はこのノンケミカル日焼け止め、つまり紫外線散乱剤タイプの日焼け止めを使うのがよいというのが定説でした。

たしかにノンケミカル日焼け止めが肌に優しいことは事実のようです。ですが、紫外線吸収剤タイプにも敏感肌に配慮した「紫外線吸収剤タイプの使いやすさと肌への優しさを併せ持つ日焼け止め」が誕生してきています。

そして、ノンケミカル日焼け止めでも肌の乾燥や刺激を呼ぶアルコールや、やはり刺激になる界面活性剤や香料類などが多く配合されていたら敏感肌に優しいとは言い切れません。つまり、ノンケミカルかそうでないか、というのは日焼け止め選びの決定的な決め手にはならない時代なんですね。

少し話が難しくなってしまいましたが、敏感肌さんが日焼け止めを選ぶときのポイント3つをまとめてみましょう。

敏感肌向け日焼け止めの選ぶポイント

  • アルコールや石油系界面活性剤など刺激になるものが少ないかチェック
  • 紫外線散乱剤タイプ・ノンケミカルの日焼け止めを選ぶ
  • 紫外線吸収剤タイプでも敏感肌への配慮がされた商品を選ぶ

成分表示をよく見て選ぶことが大切ですね。まず刺激になるので避けたい成分は以下のような成分、ノンケミカルでも紫外線吸収剤タイプでも共通して注意したい部分です。

刺激になる成分

  • 香料や着色料・・・刺激があることも
  • アルコール・・・乾燥・刺激のおそれ
  • 石油由来の界面活性剤・・・肌のバリア機能を弱め荒れの原因に

あとはシンプルに、ノンケミカル・紫外線吸収剤不使用・紫外線散乱剤タイプ(どれも同じ意味です)と表示されたものか、紫外線吸収剤タイプでも敏感肌への配慮がなされたものを選びましょう。

紫外線吸収剤タイプで肌に優しいとされているのは、例えばシラソーマという成分配合のものです。シラソーマは紫外線吸収剤を無害なシリコンでコーティングし、化学反応から肌を守るようになっているUVカット成分です。選ぶときに参考にして下さいね。

ノンケミカルタイプでも白浮きせず使い勝手のいいもの、紫外線吸収剤でも敏感肌に配慮のなされたもの、それぞれ優秀な日焼け止めがどんどん開発されています。あまりノンケミカルの言葉に縛られずに、自分に合ったものを選びたいですね。

敏感肌の美白ケアは保湿する・刺激は避ける

日焼け止めで紫外線ケアをしたら、次はより白く美しい肌を目指したいところですよね。ただ敏感肌のひとは美白において、普通の肌よりもハンデがあるんです。

健康な美しい肌は本来、肌細胞の周辺は隙間なく細胞間脂質で満たされ、その間にある天然保湿潤因子がぷるん!と水分を蓄え隙間なく詰まった状態です。しかし敏感肌のピリピリヒリヒリ痛痒い状態だと、肌の表面は乾燥し天然保湿因子はカラカラ、隙間ができてしまい外部から異物が肌に侵入してきます。

シミやくすみの原因は有名なあのメラニン色素ですが、それを作り出す細胞メラノサイトにこの異物が刺激を与えます。そうなるとメラノサイトは刺激に反応、メラニン色素をどんどん作り始めてしまうのです。

まず美白のためには保湿をしっかりして、メラニンが増えない肌づくりを最初にする必要があるんですね。なので敏感肌のひとはまず細胞間脂質を構成する成分、セラミドが配合された美白化粧品がいいでしょう。セラミドは保水する性質があり、肌を潤わせてくれる成分なんです。

セラミドを外から補給してあげることで、異物の侵入を許さない潤い詰まったぷるぷる肌に近づきます。一見「保湿と美白って関係あるの?」と思われがちですが、とても大切なことなんですね。

あと敏感肌のひとの美白ケアに立ちふさがるのが刺激の壁です。刺激が強めの美白成分に注意して美白化粧品を選ぶことが大切ですね。

刺激がある美白成分

  • ハイドロキノン・・・メラニンの漂白・還元作用がある・刺激が強いので敏感肌は要注意
  • ビタミンC誘導体・・・メラニンの生成を阻害・漂白・還元作用もある・乾燥刺激が少しあるので保湿成分が強い化粧品と使うのが望ましい

その他アルコールや香料・着色料なども避けたほうが無難ですね。ビタミンC誘導体は刺激もありますが、コラーゲン生成も助けてくれるのでぜひ取り入れたい美容成分でもあります。

特に美白化粧品だと高濃度で配合されていることがあるので注意です。敏感肌のひとは、あまりビタミンC誘導体の濃度が高くないものを選びましょう。程よい濃度のビタミンC誘導体を取り入れメリットを生かし、保湿成分が強い化粧品と一緒に使ってデメリットをカバーしましょう。

敏感肌向け美白成分

  • アルブチン・・・メラニンの生成を阻害・刺激が少ない
  • エラグ酸・・・メラニンの生成を阻害・刺激が少ない
  • ルシノール・・・メラニンの漂白・還元作用・ポーラ化粧品開発の成分で刺激が少ない
  • トラネキサム酸・・・メラニンの生成を阻害・肝斑や肌荒れも改善
  • エスクレシド・・・メラニンの生成を阻害・刺激が少ない
  • コウキエキス・・・メラニンの生成を阻害・刺激が少ない
  • デイリリー花発酵液・・・メラニンの黒化を阻害・刺激が少ない

美白成分の中でも特に刺激の強いハイドロキノンは、敏感肌のひとにはなかなか難しい成分です。ただルシノールは貴重なメラニンの漂白・還元作用のある成分で、ハイドロキノンに近い働きをしてくれるため、ハイドロキノンを諦めていたひとにオススメしたい美白成分です。ハイドロキノンやルシノールのような、今あるシミを薄くする成分は貴重ですね。

あとはメラニンの生成過程を様々なメカニズムでブロックし、シミを予防してくれる成分たちがしっかり配合されていることも大切ですね。

しかし「あれこれ成分はあるみたいだけど、具体的にいい商品ってある?」と聞かれるとなかなか難しいのが実情です。もちろんそのひとに合う、合わないもあるのでこれ!とは言えない部分もあります。

でもあえてオススメするなら、敏感肌に配慮しながらビタミンC誘導体を配合、セラミドも配合されていて、美白成分のエスクレシド・コウキエキス・デイリリー花発酵液を配合している敏感肌用美白化粧品、ディセンシア・サエルのシリーズはここまでの条件をかなり満たしていると言えます。試してみて損はなさそうですね。

保湿をセラミドでしっかり・刺激の少ない成分で美白、この2点を大切に敏感肌のひとは美白化粧品を選んでみましょう。日焼け止めと美白、どちらも敏感肌だからとあきらめる事はありません。化粧品はどんどん進化していますので、諦めずに自分に合ったものを見つけて下さいね。


PAGE TOP

a b c
PAGE TOP